パタヤバスターミナルから長距離バスでバンコクへ

パタヤバスターミナル
パタヤバスターミナル

バンコクからパタヤの移動は図らずもミニバスでしたが、帰りは無事大型バスに乗れました。この記事ではパタヤからバンコクへの帰り方について書きます。

パタヤ滞在最終日。私たちが泊まっていたザ・ヘリテージ・パタヤ・ビーチ・リゾートのチェックアウトは12時だったので、午前中はプールで遊んだり部屋でのんびり過ごして、11時過ぎにホテルを発ちました。

ホテルからタクシーでバスターミナルへ

フロントでタクシーを呼んでもらって、パタヤバスターミナルまでは350バーツ(約1200円)でした。距離にして約10km、15分ぐらいで着きました。あいかわらずタクシーが高いなあと思いつつ、約3kmのウォーキングストリートまで300バーツ取られたことを考えると、どうやら料金は所要時間と連動してそうです。メーター制よりもたしかに合理的だとは思いますが、にしても高い。。ことパタヤではソンテウ(乗合タクシー)を利用するのがいいんでしょうね。

もしくは、タイを含む東南アジアでは「Grab」という配車アプリがメジャーなようです。もともとはUberでしたが、東南アジアではUberが撤退してGrabに事業譲渡したんだとか。今回もぜひ使ってみたかったのですが、登録時に電話番号認証が必要なため、海外Wi-Fi環境では登録できず。次回は日本で登録してからトライしてみようと思います。

パタヤバスターミナルの車寄せ
パタヤバスターミナルの車寄せ
エカマイ行きの窓口は混雑
エカマイ行きの窓口は混雑

バンコク行きは便数も多いが乗客も多い

さて、パタヤバスターミナルです。バンコク行きのバスは、エカマイバスターミナル行き、モーチットバスターミナル行き、南バスターミナル行きの3路線があり、それぞれ窓口が分かれています。

私たちはアソークに行きたいので、エカマイバスターミナル行きのチケットを購入。パタヤバスターミナルからエカマイまでは10分おきにバスが出ていますが、11:40、11:50、12:00のバスは満席で12:10の便でようやく席が取れました。思った以上にパタヤ→バンコクの輸送ニーズは高そうです。

行先は「Southern」「Ekamai」「Morchit」の3つ
行先は「Southern」「Ekamai」「Morchit」の3つ
エカマイ行きのバス
エカマイ行きのバス

ミニバスより大型バスのほうが安い

料金は1人108バーツで合計324バーツでした。子供料金設定はありません。行きはうっかりミニバスに乗ってしまいぎゅうぎゅう詰めでしたが、帰りはちゃんと大型バスです。

ちなみに行きのバンコク→パタヤのミニバスは3人で390バーツだったので、大型バスのほうが安いです。なおかつ、大型バスのほうがゆったりしていて乗り心地もよく、少なくともパタヤ→バンコクについてはミニバスを選択する理由はないかと思いました。(バンコク→パタヤのミニバスはホテルまで送迎してくれたので、その点では利用価値あり)

なお、パタヤバスターミナル内には食堂もあります。ちょうどお昼時ということもあり、昼食を取りたかったのですが、そこまでの時間もなく、すぐ隣にあるファミリーマートのパンで済ませました。

パタヤ-バンコクのチケット
パタヤ-バンコクのチケット。座席番号指定
座席番号はシートの背中に
座席番号はシートの背中にあり紛らわしい

バンコクまでバスで所要2時間半

パタヤからバンコクのエカマイバスターミナルまでは所要2時間半の予定でしたが、バンコク市内に入ってからガッツリ渋滞していて、結局3時間ぐらいかかりました。最後の3kmぐらいが異常に時間がかかっていたので、いっそもう少し郊外にバスターミナル作ればいいのに、、と思ったり。

エカマイバスターミナル到着後はすぐ近くのエカマイ駅からBTSに乗り、アソークに向かいました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA