完全地元向け!ルアンパバーンのモーニングマーケット

ルアンパバーンのモーニングマーケット
謎の食材が並ぶローカル市場

ルアンパバーンと言えば、ナイトマーケットが有名ですが、実は朝に開かれるモーニングマーケットもあります。元から知っていたわけではなく、たまたま通りがかっただけですが、どんな様子だったのかレポートします。

まず、私たちが泊まっていたメゾンダラブアからナイトマーケットの入り口にあたるシーサワンウォン通りまでは徒歩7分ぐらい。夜は大変賑わいますが、朝は閑散としていて、知らなければここがナイトマーケットの通りとは気づかないぐらいの静かさです。


青空市は見たことない食材だらけ

シーサワンウォン通りをまっすぐ歩いて、プーシーの丘に登ってみようというのがこの日の目的だったのですが、ふと一本隣の通りを見ると、これぞ東南アジアという雰囲気の青空市で賑わってました。

ナイトマーケットは完全に観光客向けですが、こちらのモーニングマーケットは完全に地元向けです。売られているものは、もっぱら生鮮食品。近隣で採れた野菜、メコン川の魚などなど。

外国人観光客が多いルアンパバーンですが、地元の人たちは日常生活を普通を送っているという、当たり前のことを気づかせてくれるスポットでした。

ルアンパバーンのモーニングマーケット1
見慣れない野菜がずらり。日常のおかずになるんでしょう
ルアンパバーンのモーニングマーケット2
メコン川の魚も売られている。レイアウトがすごい適当・・
ルアンパバーンのモーニングマーケット3
鶏肉もまるごと売られている。やはり適当なレイアウト・・
ルアンパバーンのモーニングマーケット4
食べ物以外にも服や日用品も売られている。一部観光客向けのお店も
ルアンパバーンのモーニングマーケット5
どろどろの謎の食品。調味料なのかな・・
ルアンパバーンのモーニングマーケット6
テイクアウトのお惣菜。麺類もビニール袋に入れて持ち帰り
ルアンパバーンのモーニングマーケット7
モーニングマーケットで売られていた謎の商品。束で・・なんだろう、、

↓モーニングマーケットの場所はこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA