エカマイバスターミナルから長距離バスでパタヤへ

エカマイバスターミナルのチケット窓口
エカマイバスターミナルのチケット窓口

バンコクからパタヤまでは車で約2時間半。タクシーでも行けますが、一般的なのはやはりバス。私たちも5歳児を連れてバスで移動しました。

まず、宿泊していたアソークからBTSでエカマイ駅に向かいます。アソーク駅からは3駅、6分ほどでさくっと到着。バスターミナルはBTSエカマイ駅のすぐ近くで、徒歩5分もかからないと思います。

BTSエカマイ駅
BTSエカマイ駅。バスターミナルまでは歩いてすぐ
エカマイバスターミナル
エカマイバスターミナル。思ったより小さい

パタヤ行きは大型バスorミニバス

エカマイバスターミナルからパタヤ行きのバスは大型バスとミニバスがあるということは事前にネットで調べて知っていて、ミニバスは料金が変わらないのに快適じゃないとのことだったので、大型バスに乗りたい気持ちはあったのですが、窓口がたくさんあって、どれがどのバスなのかよくわかりません。

ぼんやりしていると、客引きのおばちゃんが「パタヤ行き、もうすぐ出発するよ!急いで急いでー!」と窓口に誘導してきました。他のバスはすぐに出発する雰囲気もなかったので、なんにせよ早い方がいいかなと思い、窓口でチケットを購入。大人2人、子供1人で390バーツ(約1400円)でした。おそらく大人も子供も同じ料金。

前日にワット・ポーからアソークまでタクシーに乗ったら400バーツも取られたので、それに比べたら破格の安さです。というか、タクシーが高すぎ。。

パタヤ行きの窓口
パタヤ行きの窓口。タイ語は全く読めない・・

バンコク-パタヤは約2時間半

チケットを購入すると、おばちゃんに早く!早く!と促されて、向かった先はなんとミニバス。。14人ぎゅうぎゅう詰めになり、なおかつ大きいスーツケースなども詰め込むので、一分の隙もないようなパズル状態。体の大きい欧米人は前に固めたり、荷物を隙間にぎゅうぎゅう押し込んだり、四苦八苦しながら、限界まで搭載してバスターミナルを出発しました。

5歳の息子は窓際の席をキープして、隣に私が座ってガードしていたので、それほど乗り心地は悪くなかったのだと思われ、がっつり昼寝してました。

ミニバスの中はこんな感じ
ミニバスの中はこんな感じ。狭い・・

追加料金でホテルまで送迎付き

途中一度ガソリンスタンドで給油休憩を挟みましたが、ほぼ予定通り2時間半ほど走ってパタヤに近づいてくると、助手席のおばちゃんが客に宿泊ホテルのヒアリングを始めました。

どうやらこのミニバスはパタヤのバスターミナルではなく、宿泊ホテルを回って一人一人下ろしてくれるようでした。しかし、タダではなく、私たちが泊まるホテルまでは一人100バーツと言われました。子供も含めて300バーツなので、一瞬どうしようかと思いましたが、どっちみちバスターミナルからタクシーを拾わなければならないことを考えると、トントンになりそうな気がしたので、ホテルまで送迎してもらうことにしました。

パタヤ行きのミニバス
パタヤ行きのミニバス。このサイズに14人!

思いのほかスムーズにホテル到着

他の同乗者はパタヤビーチや港、ウォーキングストリート付近のホテルなどで次々と降りていき、少し郊外のホテルの私たちが最後に下されました。ちなみにパタヤビーチ周辺の同乗者は一人50バーツと言われていました。どうやら距離によって送迎料金が異なるようです。

結局、乗車券390バーツ+送迎料金300バーツ=690バーツ(約2400円)かかったので、ミニバスがよかったのかどうかは微妙なところですが、ホテルまで連れて行ってくれるのはラクではあったので、特に子連れであればありかもしれないなと思いました。

帰りのパタヤ→バンコクについてはまた別の記事で書きます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA